営業マンの持ち物【第25回】

スーツとカバン営業論

さて、今回は営業マンの持ち物といったテーマで書いてみたいと思います。営業時代に結構、後輩から聞かれたりすることも多かったですし、最近も私の重いカバンを見て『何が入ってるんですか?』なんて尋ねられたりしたので、25年間の営業生活の中で持ち歩くようになったものをご紹介したいと思います。どれだけ参考になるかわかりませんがおつきあい下さい。たまにはこんな軽い話題もいいんじゃないでしょうか?(私も楽ですし)

営業カバンの中身は?

まずはデジタル関連

営業マンにとって営業カバンは非常に重要なアイテムです。営業車が愛馬であれば、営業カバンは刀であり、営業マンがこだわりを持つアイテムの一つです。私の会社は伝統的に1つ目のカバンは支給してくれました。私の入社した頃はバブル末期で、まだ景気も良かったので、銀座松屋の外商さんが3つほどサンプルを持ってきて、当時の本部長から『好きなの選べ!』って言われ、大きな黒のスーツケースを選んだ記憶があります。このこのスーツケースは丈夫で10年以上使用しましたが、最後は丁番が削れて外れてしまい、買い替えました。
ではいくつかのカテゴリーに分けて、どんなものを持ち歩いているのかご紹介します。まず、この時代はデジタルツールですね。

1)ノートPC/i-Pad【Panasonic Let’s note】
ノートPCは言うまでもないですね。セキュリティの関係で全く持ち出せない会社もあるようですが、営業マンは出先での作業が多く、メール確認やお客様でのプレゼン、SFAの入力、最近は出先からリモート対応で会議に参加するなどフルに活用できます。正直、私はPCが無かったら失業します。。。毎日、きれいに清掃してますので液晶部分を指で触る人は許せません(笑)。また、作業場や立ち話の中で簡単に説明をしたい時などはiPadがいいですね。youtubeサイトに繋いで動画を見せたり、資料をその場でメールで送信できたり便利です。私はノートPCi-Padの2個持ちです、ちょっと重いですが。。。

2)ICレコーダー【OLYMPUS ICレコーダーVoiceTrec VP15 4G】
ICレコーダーは一回使ったら、無くてはならなくなります。社内会議やお客様訪問時に聞いたことなど人間の記憶なんて本当にあてになりません。またメモをしたのに、汚くて字が読めないなんて笑い話もありますね。
録音しておくと、忙しくて少し時間が空いてしまっても、後から全て聞き直せるので安心です。また私の持ってるモデルはペンタイプなので胸のポケットに入れて録音できます。車を運転中にやらなきゃいけなことを思い出してとっさに録音したりもできます。当然、隠し録音も可能ですが、ビジネスマナーとして録音する時は許可をもらって、机に置いてですね。半沢直樹じゃないんだから。

スタイリッシュでかさばらない、でも時々カバンの中で探せなくなって焦ります。

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek VP-15 ブラック VP-15 BLK

3)レーザーポインタ兼プレゼンツール【KOSIN ワイヤレスポインター】
レーザーポインタとパワポなどのページ送りができるツールでプレゼンをスマートに行うなら持っておきたいツールです。私は常に持ち運びを意識してしまうので、こちらもICレコーダー同様ペンタイプなのですが、小さくて電池(単4)もそこそこ持ちます。電池は意外とどこでも手に入ります。うっかり充電忘れなんて無縁なので良いかもしれませんね。

若干、私のものとデザインが違うのですがメーカーは一緒なので紹介しておきます。

【中古】ワイヤレス プレゼンター KOSIN PPTポインター PPTスライド用リモート リモートコントロール ワイヤレスマウス操作 電池給電式 PowerPoint、Keyn

4)モバイルバッテリー、各種電源ケーブル、単4電池(ICレコーダ、レーザーポインタ用)
電気の切れ目が仕事の切れ目ぐらい、電源の確保は重要事項です。新幹線、ファーストフード、コーヒーショップなど充電のチャンスは一切逃さないようにしています。ホテルに入ったらまず、全ての機器の充電ですね。

身だしなみグッズ

1)清感シート【GATSBY フェイシャルペーパーアイスタイプR 20枚入り】
夏は必需品ですね。GATSBYはたまたまですが、保守的なのでついつい同じのを買ってしまいます。私は汗っかきではないのですが、それでもこれで顔、首、腕を洗うとサッパリします。やはりお客様に伺う時は清潔感が何より重要です。髪型、鼻毛、口の周り、ボタン、ネクタイの曲がり、スーツの折り目、靴の磨き具合は毎朝チェックして出かけるようにしたいですね。ちなみに会議中にどうにも眠い時に、最も有効なのがこの清感シートだったりします。

2)靴磨きグッズ【MUJI 無印良品 靴みがきシート 12枚入り】
靴の汚れは結構目立ちます。毎朝磨くのは当然ですが、それでも通勤で踏まれたり営業車のアクセルでこすったり、結構汚れます。そんな中で見つけたのが無印良品の靴みがきシートです。ちょっとしたキズならひと拭きで消えますし、光沢も出ます。布はテッシュでもいいし、ビジネスホテルに備え付けらているものをカバンに入れてます。

3)使い捨て歯ブラシ、ウェットティシュ(水洗タイプ【王子セピア おしりセレブ】、通常タイプ)
お昼に不用意なものを食べてしまった時や夜通しの仕事になった時など、歯磨きセットがあると意外と便利です。ビジネスホテルで余っていたら結構、持って帰っていますね。また、これは私だけの持ち物ですが、ウォッシュレットがないと基本トイレに行けません。海外などはホテルでもついているところが少なく苦労します。そんな時のために水に流せるウェットティシュは欠かせません。私はいつも『ネピアおしりセレブ』を愛用しています。

その他便利グッズ

1)交通系カード【J-Westカード、View Suicaカード、Smart icoca、Pasmo】
出張が多いと移動や買い物で交通系カードを利用することが多いです。どうも携帯での支払いは馴染めない感じです。(PayPayは使えるようにしていますが)ただ、交通系カードはエリアを出てしまうと自動チャージがされず、あっという間にデポジットが不足してしまいます。私は電車が大好きなのであえてJR東日本、JR西日本の両方のカードを持ち歩いています。ちなみにJR東日本のViewカードは50歳を過ぎると大人の休日倶楽部ミドルに入会できます。年間費\2,624でJR東日本、北海道の切符が5%引きになります。また場所によってはお得な切符も購入できますので、金沢に1回往復すれば元が取れてしまいます。

2)薬類(頭痛薬、風邪薬、目薬、リップクリーム)
営業は体調が悪くてもアポイントがあるとなかなか休めません。頭痛薬と自分のお気に入りの風邪薬は必ず入れておいた方がいいですね。ちょっとのどが、なんて時にその場で薬を飲んでおくと治っちゃったりしますし、やっぱり風邪には早めの対処です。ちなみに私は必ずのどをやられるので銀のベンザブロックです。ちなみにピルケースは缶タイプのフリスクのケースが小さくて丈夫で使えますよ。

3)予備の名刺ネームプレート
予備の名刺+名刺入れは用意している人多いんじゃないかな。プレゼンで10人ぐらいの人と名刺を交換したり、会合で途中で名刺を切らしてしまったなんて人、一度は経験しているのでは。私はカバンにも2つ名刺入れ入れてます。またネームプレートも結構便利。担当時代はそれほど必要無かったのですが、ネームプレートつけていると名前で呼んでもらえるので名前を憶えてもらうのも早くなります。毎回視線がネームプレートに来てから名前を呼ばれるのも、ちょっと寂しいですが。

4)現金(\30,000ぐらい)
これも営業では当たり前ですかね。お客様と急に会食することになり、お客様の車でそのまま小料理屋へ、とてもカードが使えるようなお店ではなく『どっちがはらうのかなぁ』なんて食事の味もわからなくなってしまうようなことがないように、最低\30,000ぐらいの現金は財布とは別に入れておくのが営業のたしなみですね。とはいうものの私もトイレに行くふりをして近くのコンビニにお金をおろしに行くような失態をしています。。。

あとは、Bluetoothヘッドフォンランチョンマットエコバックビニール袋薄型折りたたみ傘あめシャチハタのハンコかな。今回記事を書いて改めて並べてみましたが結構入ってますね。なので安いバックを購入すると1年持ちません。営業マンはやはり\30,000以上のバッグを持っていたいものですね。

だいたい以上のようなもの常にカバンに入れていますので、ほとんどの仕事はどこでもこなせます。営業マン時代は一人1台営業車があったので、営業車は2泊分ぐらいの服やら食糧やらいろいろと詰め込んでいました。参考になったかはちょっとわかりませんが、今回は私のカバンの中身を紹介させて頂きました。ではまた次回、ごきげんよう!